矢地祐介×上迫博仁の勝敗予想!【BellatorJapan】【RIZIN20】

スポンサーリンク

矢地祐介 上迫博仁

RIZIN(ライジン)とBELLATOR(ベラトール)が共同で開催する大会・BELLATOR JAPAN(ベラトールジャパン)が12月29日にさいたまスーパーアリーナで初開催されますね。

2日後の大晦日にはRIZIN.20も開催され、Bellator JapanとRIZIN20の内容はかなり豪華で2019年の年末、大晦日を格闘技が盛り上げてくれます。

今回の2日間のイベントで注目すべき点はベラトールとの初の共同イベントというところでしょう。

競合選手が来日することはもちろん、RIZINでケージの試合が見られるなど面白い大会になるはず。

現時点では対戦カードが全て出揃ったわけではないですが、この記事ではすでに発表されているベラトールジャパン(12月29日)の谷地選手vs上迫博仁の日本人対決の勝敗を予想していきたいと思います。

追記

予想はずしてしまいました。

試合の感想なんかを以下の記事に書いているので興味があればお読みください!

 

▼BELLATOR JAPAN・RIZIN20全対戦カードまとめ▼

▼ベラトール対抗戦の対戦カード・ルール・日程まとめ▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

谷地選手vs上迫博仁について

https://twitter.com/Hiroto_Uesako/status/1194864057724985344?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1194864057724985344&ref_url=https%3A%2F%2Fnankaki.com%2Frizin20-omisoka2019%2F

「矢地祐介vs上迫博仁」という日本人対決のカードは12月29日に開催されるベラトールジャパンで行われます。

そのため、RIZIN選手同士の対決ではありますが普段のリングとは違いケージでの対決となります。

ベラトールのケージを借りてルールはRIZIN MMAルールで行われます。

なので新鮮さはありますよね。

個人的には矢地選手も上迫選手も、どちらも嫌いな選手ではないですが特別好きな選手でもないのですが、それでも日本人対決は盛り上がるし、両選手RIZINでは負けているので後がない選手同士の対決。

来年からもRIZINに呼んでもらうためには、どちらも落とせない重要な一線になると思うので見ごたえある試合になるのではないでしょうか。

そういった意味では、好カードな気がします。

矢地祐介

矢地選手はRIZINのお祭り男として人気のある選手ですが、ここ最近は負けが続いていますね。

凄い体をしていますし、決して弱い選手ではないのですがグスタボやケース、そしてまだ記憶に新しい朝倉未来選手との一戦など、対戦相手は全員強い選手ではあるものの3連敗中。

ベラトール対抗戦のライト級に出場するダロン・クルックシャンクにも勝利していますし、北岡選手や、五味選手にも勝利し、当初はRIZINのライト級GPの日本人選手として考えられていたはず。

ライト級GPに出場していて、結果的に一回戦も勝利しているケースとグスタボに負けているのに矢地祐介選手が出場してもみたいな部分もあったのかもしれません。

そしてライト級GPに選ばれたのは今回の対戦相手である上迫博仁選手。

矢地選手からすれば、RIZINで3連敗中でライト級GPに選出されなかったのは当然だと理解していると思いますが、それでも出場したかった気持ちはあったと思うんですよね。

しかも選ばれた上迫博仁選手はグスタボに負けてしまっています。

自分が選ばれていたらリベンジできていたかもしれないという悔しい気持ちもどこかにあると思うんです。その辺を全てぶつけてくると思うので、お祭り男の復活が見れるかもしれませんね。

RIZINでも右フックなどで勝利していますし打撃できる選手で三角とかもできる選手ではありますが、前回の朝倉未来選手と比べると打撃は圧倒的な差がありました。

良く言えばオールラウンダーですが、悪く言えば中途半端な選手というのが個人的な印象。

上迫博仁

ライト級GPに出場するも惜しくもグスタボに負けてしまった上迫博仁選手。

DEEPで2試合連続サッカーボールキックで決めたことで、上迫博仁選手の得意技みたいになっていますが、柔道やレスリングをやっていたので、寝技スキルも高い選手なんですよね。

負けもありますが、KO率も高い。

正直、実力的にはライト級GPに選出されたのはおかしくないとは思いますが、RIZINで1戦してすぐにライト級GPに選出されたのに疑問を持った人も多かったんじゃないかな。

結果的に試合内容はそこまで悪くなかったですが、流血により負けてしまった。

ここまではいいんですけど、グスタボが挨拶に来たのにスルーしていったことで批判を受けていましたね。後にTwitterで謝罪のようなツイートをしていましたが、それが原因で矢地選手にぶっ飛ばしてもらいたいと思うファンも少なからずいそう。

まあそれは置いておいて、元々DEEPのフェザー級王者ということで同じような階級の朝倉未来選手とスパーなどで練習する仲なんですよね。

前回のグスタボ戦は台風の影響で朝倉未来選手が上迫選手のセコンドに急遽ついたりと交流も深い。

矢地選手と上迫選手はともにグスタボとの試合経験があるという共通点がありますが、上迫選手の仲間に朝倉未来選手がいるのが大きい。

朝倉未来選手はグスタボにも矢地祐介選手にも勝利していますし、何より分析力に定評がありますから、上迫選手は間違いなくアドバイスを受けているでしょう。

スポンサーリンク

矢地祐介vs上迫博仁の勝敗予想

前置きが長くなりましたが、

結果から言うと上迫選手の勝利と予想します。

どちらも似たような選手という印象で、実力差もそこまであるとは思わないのですが、上迫選手の周りの方が優秀という気がするんですよね。

やっぱり朝倉未来選手が身近にいるのが大きい。大沢ケンジさんの弟子でもありますし。

もちろん谷地選手も上迫選手と朝倉未来選手が交流があるのは知っているはずなので、当然自分とどう戦えばいいかをアドバイスされていることは想定済みだとは思います。

朝倉未来選手が谷地選手に勝利した後、足が内向きになるのでカーフキックが有効だと話していたので、この辺は絶対警戒してくると思いますが、癖ってすぐには抜けないし、じゃあどう戦うか?という良いプランがあるのかが疑問。

この辺が勝負を分けるんじゃないかと。

川口春奈さんとの熱愛報道もありましたが、崖っぷちだということを理解しているのか心配ですね。

上迫選手はパパでもありますから、格闘技に取り組む姿勢や気持ちの面でも谷地選手に上回っているのかなと。

お互い少なからずケージの経験はあると思うので、ケージによる影響はそこまでないと思います。

上迫選手の勝利なんじゃないかな。

まとめ

12月29日のベラトールジャパンと2019年大晦日のRIZIN20は内容盛りだくさんで、タイトルマッチやトーナメントなどもあり絶対負けられない試合がたくさんあります。

その中でも崖っぷち同士の絶対に負けられない戦いで日本人対決というのは、これはこれで盛り上がるんじゃないかなと思います。

どちらも特別応援している選手ではないですが、普通に好きな選手なので楽しみな対戦カードです。

ライト級GPも開催されているということもあり、ベラトール対抗戦のライト級の試合にダロン・クルックシャンク選手が選ばれましたが、正直、個人的には谷地選手だと思ってた。

ダロン・クルックシャンクに勝ってますし。

それでも上迫選手と対戦させるということは日本人対決の方が盛り上がると考えたからなのではないでしょうか。

その期待に両選手は応えて盛り上がる試合をしてほしいですね!

▼BELLATOR JAPAN・RIZIN20全対戦カードまとめ▼

▼ベラトール対抗戦の対戦カード・ルール・日程まとめ▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク
RIZIN
たこをフォローする
なんかき

コメント