トフィックムサエフにUFCがオファー!RIZIN卒業か?

スポンサーリンク

トフィックムサエフ UFC

昨年大晦日のRIZIN20のライト級GPで優勝を果たしたトフィックムサエフ選手にUFCからオファーが来たとアゼルバイジャンのニュースが報じているようです。

それを受け、ムサエフ側はRIZINと交渉中のようで現在RIZINの回答を待っているという状況とのこと。

RIZINの回答が満足するものであれば、RIZINに残りRIZINのタイトルを守っていく。満足できなければ、UFCに行くと報道されているようです。

まあわかりやすく言えば、「RIZINがUFCよりファイトマネーを出すかどうか」次第で、ムサエフ選手がRIZINに残るか、UFCに行くか決まるということでしょう。

個人的にはトフィックムサエフ選手はRIZINを卒業し、UFCに行くんじゃないかと思っています。その辺の感想でも書いていければと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トフィックムサエフにUFCがオファー

アゼルバイジャンのメディアで「UFCからアプローチを受けた。彼ら(UFC)は確かな提案をした」と報道されています。

RIZIN20でのライト級GP決勝でパトリッキー・”ピットブル”フレイレとの激闘を制した功績が認められたのでしょう。

すでに評価されているピットブルに勝利したので、UFCからオファーが来ても驚くことはないですよね。UFCもかなり高い評価をしているんじゃないかなと個人的には予想しています。

ムサエフ選手は現在30歳と若い選手ではないので、単純にファイトマネーで決めるといった心境なのかもしれませんね。

トフィックムサエフはRIZIN卒業かな

RIZINの「回答待ち」とムサエフ側は言っていますが、RIZINとしてはムサエフを手放すことになるんじゃないかなと。

RIZINのライト級において日本人選手が誰も勝てなかったジョニーケースをあっさり倒し、RIZINのライト級では強いグスタボをあっさり倒したピットブル相手にも勝利。

正直ムサエフを手放さなかったとしても、ムサエフを倒せる選手をRIZINに用意するのは相当難しい。そもそも日本人で勝てる選手を探すのも困難なので、呼べても外国人選手でしょう。

コアなファンにとっては見たいですが、ライトなファンからすると外国人対決はやっぱり盛り上がりにかけちゃいます。

RIZINでムサエフが見られなくなるのは寂しいですが、世界で戦うムサエフを見たいと前回の試合で素直に思いましたし、RIZINにとってもRIZIN発のUFCファイターとしてムサエフがUFCで活躍するほうがメリットな気がします。

恐らくRIZIN卒業となるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

トフィックムサエフはUFCでも通用するのか?

ムサエフ選手にUFCがオファーする決め手となったのは、やはりピットブル戦が評価されたということだと思うんですよね。

ピットブルはベラトールで既に評価されていた選手ですから。

そうなると初戦から下位ランカーとかを用意される気がしなくもない。

トフィックムサエフ選手はUFCでも通用するのか?

それは恐らくUFC行きが濃厚だと思われるムサエフがこれから実際に見せてくれるものだと思いますが、個人的には下位ランカーには今でも勝てるんじゃないかと感じますね。

ケージの経験もあると思うので、全然UFCでも通用するんじゃないかと思います。

問題はRIZIN…

正直、MMAファンとしては素直にムサエフ選手のUFC行きを応援したいですし、実力的にもUFCでも戦っていけると思っているので、ムサエフ選手には何の心配もない。

本当にRIZIN発のUFCファイターとして活躍してほしい。

ただ、問題はRIZINですよ。

私はただの格闘技ファンなので、詳しいことはわかりませんが、それでもムサエフを手放すことは避けられないと思うんです。

さらに言えば、契約が切れるであろうジョニーケースもまた、RIZINは手放すことになるんじゃないかと。

恐らくPFLに行くと思ってます。(もしかした私が調べてないだけでもう情報がでてるかもです。)

そうなるとライト級はかなり厳しくなりますよね。

仮にライト級王座の席を正式に設けたとしても、ライト級GPのベルトと同等の価値があるのかと言われれば疑問。

誰かが王者になったとしても、ムサエフもケースもいないしなぁ…と言われるのは目に見えています。

ベラトールとの興行は成功してこのままの勢いでもっと盛り上げていきたいRIZIN。榊原さんも先日、北米進出や興行回数の倍増の目標を掲げていましたが、簡単にはいかなさそう。

ケースとムサエフを手放すと仮定して話を進めると、ライト級は日本人が中心となって盛り上げていくのが難しいと証明されたので、これ以上のライト級が盛り上がることはないのかもしれませんね…。

少なくとも2020年内では。

バンタム級はいい選手揃っていますけど、カオスな状況のため、これ以上選手を増やしてもややこしくなっていくので一旦整理したいところ。

そうなると日本人が活躍して盛り上げていけそうな階級と言えば朝倉未来のいるフェザー級なのかな。フェザー級GPも検討されていますし、朝倉未来と夜叉坊も匂わされている。

ひとまずフェザー級の選手をRIZINにつれてくるのでしょうか。

やっぱり改めて見てみると、世界のトップ団体と比べて選手層の厚さがまるで違うと感じさせられますよね。

まとめ

ベラトールとの興行が成功しRIZINが盛り上がってきているだけに、ムサエフを手放すのは痛いですけど、ファンとしてはやっぱりムサエフが世界で活躍する姿を見たい。

RIZINが2020年どうなっていくのか目が離せなくなりそうですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
RIZIN
たこをフォローする
なんかき

コメント