スティーブン・バトラーの戦績や動画!村田諒太との勝敗予想!

スポンサーリンク

スティーブンバトラー 戦績

12月23日、横浜アリーナで行われるボクシング・トリプル世界戦が着々と迫ってまいりましたね。大晦日にもトリプル世界戦もあるので、ボクシングファンはテレビから離れられない季節。

今回は12月23日に行われる「村田諒太×スティーブン・バトラー」のWBA世界ミドル級タイトルマッチに注目していきたい

村田諒太選手は日本でも人気のある選手ですのでどんな選手か知っている方がほとんどだと思うので、この記事ではスティーブン・バトラー選手について色々見ていければと思います。

  • スティーブン・バトラーは強いのか?
  • スティーブン・バトラーの戦績や過去の試合動画
  • 村田諒太×スティーブンバトラーの勝敗予想

などをお届けするのでぜひ最後までお読みくださいね!

▼同日同会場で行われるIBF世界タイトルマッチ▼

▼同日同会場で開催されるWBC世界ライトフライ級タイトルマッチ▼

▼【2019年大晦日ボクシング】WBOスーパーフライ級タイトルマッチ▼

▼【2019年大晦日ボクシング】WBOフライ級タイトルマッチ▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スティーブン・バトラーは強い?

12月23日のトリプル世界戦が迫ってきたということで、ヤフーニュースなどでも選手の情報が記事で出ていたりしますが、スティーブン・バトラーに関する記事を見る限り、超強気ですよね!

もちろんボクシングを始め格闘技は勝てると想って望むでしょうし、その気持は大事ですが、それにしてもめちゃくちゃ強気な発言でした。

正直、私はスティーブン・バトラー選手については知らなかったのですが、あれだけ強気だとめちゃくちゃ強い選手なのかな?と思わされました。

なので調べてみたのですが…

WBA9位なんだ…と思ったのですが、よく調べてみるとWBOでは1位の24歳の選手なんですね。

WBOの王者であるアンドラーデとの対戦を蹴ってWBAの村田諒太のベルトを狙いに来たということで、少し村田諒太選手が舐められいますね。

ただ、スティーブンバトラーからすれば、どちらのベルトが取りやすいかと考えると私も村田諒太の持つWBAのベルトを狙うべきだと思います。

アンドラーデは現時点でカネロと同等の実力だと言われたりしますし。

この後戦績やファイトスタイル、過去の試合動画なども紹介しますが、強い選手ですね。パンチに相当自信を持っている。

スティーブンバトラーの戦績

スティーブンバトラー選手はカナダの24歳のボクサーでありながら30戦のキャリアを持つ選手。

戦績は30戦28勝24KO1敗1分。

驚異のKO率80%超えということで、パンチに相当自信を持っているのにも納得。

スティーブンバトラーの身長は182cmのようで、村田諒太選手が183cmなので身長差はほぼないわけですがスティーブンバトラーのリーチは203cmで村田諒太選手とのリーチ差は20cmを超えるという。

そしてスティーブンバトラーはこの長いリーチを活かしたストレートが得意な選手のようです。

過去の動画を見ましたが特に右ストレートが驚異だと思う。あとは左フックなんかも上手ですね。

また長いリーチを活かしリングを動き回るので自分の距離で試合をします。

ただ、スティーブンバトラーが現在のミドル級に上げたのは昨年からのようでそれまではスーパーウエルター級で長くやっていたようですね。

彼にとってどちらが適正階級なのかわかりませんが、ミドル級でのキャリアは村田諒太選手に軍配が上がる。

村田諒太選手の対戦相手にふさわしいいい選手と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スティーブンバトラーの過去の試合動画

村田諒太×スティーブンバトラーの勝敗予想

結論から言えば村田諒太選手の勝利と予想します。

ただ、村田諒太選手にとって厳しい試合にはなると思います。決して楽な相手ではない。

序盤はスティーブンバトラーの長いリーチと動き回るバトラーを捕まえるのに苦戦するかなと思いますが、村田諒太選手はガードが堅いですし目もいい。

過去のスティーブンバトラーの動画を見る限り、打たれ強い選手ではないと思うので村田諒太選手が削っていけば中盤から終盤にかけてペースを握るんじゃないかと思います。

もしかすると序盤から近い距離で激しい試合になる可能性もあります。スティーブンバトラーのパンチはたしかに驚異ですが、近い距離なら村田諒太選手のほうが有利なのかなという気がしますね。

スティーブンバトラーが勝っても全然おかしくないと思いますし強い選手だと思いますが、それでも村田諒太選手有利かなという気が個人的にはします。

まとめ

村田諒太選手のロブ・ブラントの再戦は感動的でまだ記憶に新しいですが、この試合でも素晴らしい勝利を見せてくれると信じたい。

日本人でのこの階級で強い選手というのは貴重な存在ですし、ゴロフキンというビッグネームとの試合を実現するためにも、決して楽な相手ではないですが勝利してほしい。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

よろしければ以下の記事もあわせてお読みくださいね!

▼同日同会場で行われるIBF世界タイトルマッチ▼

▼同日同会場で開催されるWBC世界ライトフライ級タイトルマッチ▼

▼【2019年大晦日ボクシング】WBOスーパーフライ級タイトルマッチ▼

▼【2019年大晦日ボクシング】WBOフライ級タイトルマッチ▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ボクシング
たこをフォローする
なんかき

コメント