モルティ・ムザラネは強い?戦績などから八重樫東との勝敗予想!

スポンサーリンク

モルティ・ムザラネ 戦績

2019年も残りわずか…。

年末に向けて格闘技界が盛り上がって参りましたが、ボクシングにおいても12月23日に行われるトリプル世界戦が迫ってきましたね!

トリプル世界タイトルマッチということで、どれも注目のカードですが特に注目度が高いカードが「モルティ・ムザラネvs八重樫東」のIBF世界フライ級タイトルマッチではないでしょうか。

名王者ムザラネと八重樫東というベテランボクサー同士の対決。

この記事ではモルティ・ムザラネは強いのか?戦績やファイトスタイルなどを紹介しながら八重樫東との勝敗予想をしていきたいと思います!

▼同日同会場で行われるWBA世界ミドル級タイトルマッチ▼

▼同日同会場で開催されるWBC世界ライトフライ級タイトルマッチ▼

▼【2019年大晦日ボクシング】WBOスーパーフライ級タイトルマッチ▼

▼【2019年大晦日ボクシング】WBOフライ級タイトルマッチ▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モルティ・ムザラネは強い?

結論から言えばムザラネは強いです。

そんなムザラネのベルトに挑む八重樫東選手は日本ではお馴染みの選手で、ベテランボクサーで年齢的にもそろそろしんどくなってきているという印象があるかと思いますが、ムザラネも同学年の選手です。

モルティ・ムザラネは37歳の南アフリカ共和国のボクサーで2000年にプロデビューを果たし19年第一線で戦い続けているベテランボクサー。

ファイトスタイルはオーソドックスという印象ですね。

しっかりガードをしてジャブを打ちながら距離を詰め接近戦に持ち込む基本がしっかりとした選手。

最近の選手だと様々な階級にチャレンジするボクサーも増えてきましたが、ムザラネはフライ級にこだわり続け、計6回の防衛に成功している。

2009年にBFフライ級王者になってから4度の防衛に成功した後、IBFの指令で次戦が決まるもファイトマネーが安すぎると一度返上しています。

しかしその後王者復活を遂げ、2度の防衛に成功し計6度の防衛に成功している強い選手だ。

スポンサーリンク

モルティ・ムザラネの戦績は?

19年もの歳月を第一線で戦い続けてきたベテランボクサーのモルティ・ムザラネの戦績は以下の通り。

40戦38勝25KO2敗。

かなり素晴らしい戦績だということは一目瞭然ですが、彼が戦ってきた選手も相当強い選手です。

2008年に初の世界挑戦で先日井上尚弥と死闘を繰り広げた、ノニト・ドネアに敗れていますが、不運な負傷判定でした。

そして翌年、2009年にミランダに勝利し初王者になり、テテカシメロ相手に5RKO勝利で防衛している。

テテやカシメロはそこまでボクシングに詳しくない方でも井上尚弥選手を応援していれば聞いたことがある名前でしょう。

先日カシメロがテテに勝利し話題になりましたよね!

日本人選手では2018年と2019年で坂本真宏選手、黒田雅之選手に勝利し防衛している。

モルティ・ムザラネvs八重樫東の勝敗予想

結論から言えば、モルティ・ムザラネの勝利と予想します。

個人的なことを言えば、八重樫東選手はたとえ負け試合でも面白い試合をしてくれる大好きな選手なので頑張ってほしいですけど、ムザラネの方が有利なのかなと言う印象。

ただ、ムザラネの今年5月の黒田選手の試合で黒田選手に序盤苦しんでいたので、八重樫東選手にチャンスがないわけではないと思います。

八重樫東選手も強者と戦ってきて、かなり打たれ強い選手で、打ち合いに臆すことなく応じるので、激しい打ち合いになれば八重樫東選手がペースを握る可能性もあるんじゃないかなと思います。

黒田選手の右ストレートでムザラネはぐらつきましたから。

同学年同士の意地の魅せつけ合いになりそう。

そうなるとフライ級にこだわり続けたムザラネの意地が少し勝るのかなと感じましたね。三階級を制した八重樫東選手に頑張ってほしいという気持ちが強いんですけどね…。

間違いなく面白い試合になると思います!

まとめ

個人的には八重樫東選手にはまだまだ頑張って欲しいし勝利してほしいですけど、ムザラネはそう簡単にはいかないだろうなと思います。

12月23日は他にも世界タイトルマッチがあるので、見逃せないですね!

▼同日同会場で行われるWBA世界ミドル級タイトルマッチ▼

▼同日同会場で開催されるWBC世界ライトフライ級タイトルマッチ▼

▼【2019年大晦日ボクシング】WBOスーパーフライ級タイトルマッチ▼

▼【2019年大晦日ボクシング】WBOフライ級タイトルマッチ▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ボクシング
たこをフォローする
なんかき

コメント