ロレンツラーキンの戦績や年齢は?中村K太郎との勝敗予想!RIZIN20

スポンサーリンク

中村K太郎×ロレンツ・ラーキン

2019年12月29日と31日大晦日の2日間かけて行われるRIZIN20のベラトール対抗戦。

RIZIN×Bellatorの両団体が勝つために絶対に獲りたい試合となるのがウェルター級の「中村K太郎×ロレンツ・ラーキン」のカードだと思います。

私の予想では、この試合を獲った団体が勝つと感じるほど重要な一戦。

お互いUFCの経験のある実力ある選手で、ベラトール対抗戦の開幕にふさわしい対決。

この記事ではロレンツラーキン選手の戦績や年齢、強い選手なのか?という部分に重きをおいて紹介していきながら、最後に勝敗予想を指定校と思います。

▼ベラトール対抗戦の日程・ルール・対戦カードまとめ▼

▼Bellator Japan(12月29日)RIZIN20(2019年大晦日)全対戦カードと視聴方法まとめ▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロレンツ・ラーキン×中村K太郎

このカードはファンの間でも予想通りの人も多かったのはないでしょうか?

ロレンツラーキンがRIZINとの対抗戦に出てくるという情報が先行していたので、RIZINでこの階級の選手って中村K太郎選手くらいしかいないですもんね。

なんとなく予想はできてました。

この試合は12月29日に行われ全米生配信も予定されています。

ルールはケージでのユニファイドルール。

K太郎選手はケージでも問題はないでしょう。

ロレンツラーキンの戦績や年齢は?

今回のベラトール対抗戦の対戦カードが出揃った時、私がベラトール側の選手で知っていた選手はロレンツラーキンのみだった。

ロレンツラーキンだと思っていましたが、wikiだとロレンズ・ラーキンとなっていますね。

この記事ではロレンツラーキンで統一して進めていきますが、ロレンツラーキンは33歳という年齢ですがまだまだ全然強い選手で、

戦績は21勝7敗。

今は主にベラトールに出場していますが、その前はUFCの選手で、

UFCでの戦績は5勝5敗。

その後ベラトール初戦は敗北スタートしその次の試合も負けていますが、それ以降は全勝。

ベラトールでの戦績は3勝2敗で、現在3連勝中。

ロレンツラーキンは強いぞ!

戦績の数字だけ見ると、わりと負けているのも事実ですが、ロレンツラーキンはかなり強い選手です。

中村K太郎選手も「相手はめちゃくちゃ強い選手」とコメントしています。

ラーキンは世界6位まで上り詰めた選手ですし、名前のある強い選手も倒していてこの階級の世界トップクラスの実力のある選手だと個人的には評価しています。

それくらい強いですね。

日本人で勝てる選手がいるのか?と感じちゃうほど…。

この対抗戦でラーキンが勝利すればベラトールのタイトルマッチに挑戦させるとも言っているのでラーキンとしてはRIZINでK太郎選手を倒して、ベラトールでチャンピオンになりたいと思っているでしょう。

UFC時代には
  • サンチアゴ・ポンジニッビオ
  • ホルヘ・マスヴィダル
  • ニール・マグニー

などの強敵に勝利していますし、直近の試合ではアンドレイコレシェコフでしたっけ?名前間違ってるかもですがベラトールの元ウエルター級チャンピオンにも判定ではありますが勝ってます。

ラーキンは世界的に実力のある選手でしょう。

スポンサーリンク

ロレンツラーキン×中村K太郎の勝敗予想

ラーキンの紹介である程度予想できているとは思いますが、ロレンツラーキンが勝利すると予想します。

正直、ラーキンの相手は中村K太郎選手なんだろうなとうすうす予想していたのと同時に勝てる姿が想像できなかったんですよね。

決して中村K太郎選手が嫌いなわけでもないですし、強い選手だと評価していますがラーキンが相手だと分が悪いといった感じでしょうか。

体格差もかなりあると思います。

もちろん中村K太郎選手に勝ち目がないというわけではないですが、順当に行けばほぼほぼラーキンが勝つかなと思ってしまうほど実力差はあるというのが正直な感想です。

今回のベラトール対抗戦でラーキンに勝つには、ウエルター級の強い外国人選手をRIZINに呼んで囲っておく必要があったかなと。もっと早い段階でね。

バンタム級やライト級はいい選手が揃っているんですけどねぇ。

今回のベラトール対抗戦の対戦カードが発表されて、見たときに私はロレンツラーキンしか知っている選手がいなかったので、ベラトールはあまり本気じゃないのかなと感じたのですが…。

各試合を個別に掘り下げていく中で、ベラトールの選手のレベルの高さを感じました。さすがはUFCに次ぐ団体ですね。

最近はONEの方がベラトールより勢いがある印象が個人的にはあって、ベラトールの評価が私の中で下がっていたのかもしれませんね…。

最近はRIZINばかり見ていたことや、RENA選手はともかく堀口恭司選手がベラトールのベルトを持ってきたことも要因のひとつかもしれませんが、改めて選手層の違いを痛感させられました。

ベラトール対抗戦をより楽しむには?

かつてはAbemaでベラトールの試合が見れたのですが、2018年にベラトールはDAZNと複数年契約を結び、ベラトールの試合を見るにはDAZNの一択となりました。

今回のRIZINとの対抗戦に出ている選手の試合や、他にもUFCなどの試合も見れるのに1ヶ月間無料お試し期間があります。

12月29日と31日大晦日RIZIN20までの予習も兼ねて世界トップクラスのMMAの試合を見ることで、よりベラトール対抗戦が楽しくなりますよ!

DAZN(ダゾーン)無料登録

まとめ

「ロレンツラーキン×中村K太郎」の試合は12月29日にケージ・ユニファイドルールで行われ全米生配信が予定されています。

ラーキンはかなり強い選手でそこそこ年齢はいっているもののまだまだ強い。

RIZIN×Bellatorで両団体の勝利にかなり重要な一戦となるこの試合はラーキンが勝利して、そのままベラトールに軍配があがる予感がします。

日本開催ということでホームなので勝ってもらいたいところではありますが、少し厳しいのかな…。

▼ベラトール対抗戦の日程・ルール・対戦カードまとめ▼

▼Bellator Japan(12月29日)RIZIN20(2019年大晦日)全対戦カードと視聴方法まとめ▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク
RIZIN
たこをフォローする
なんかき

コメント