ラインペイ(LINE Pay)残高あるのに決済・利用できない原因

スポンサーリンク

ラインペイ 残高ある エラー

ラインペイ(LINE Pay)の「残高はある(足りている)」のに決済エラーになって利用できないの…。

そんな悩みにお答えします。

ラインペイの残高はある(足りている)のに決済エラーになって利用できないほとんどのケースがラインペイカードでの決済を利用する際です。

おそらくあなたもAmazonなどのネット通販サイトの支払い方法でラインペイカードをクレジットカードとして登録し、購入した際に発生したのではないでしょうか。

実は私自身が同じことを経験しています。

この記事では、私の経験を元に原因と解決策をお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラインペイの残高はあるのに決済エラーになる原因

原因は、LINE Pay残高が実は足りていないことです。

LINEアプリからウォレットのタブを開いて表示されている残高をしっかりと確認してから、買い物したんだけど…

私も同じでした…。笑

 

実は、LINEアプリからウォレットタブを開くと表示されるラインペイ残高は、「あなたがチャージした金額」+「ラインペイボーナス」の合算されたものなのです。

 

普段からラインペイを利用しているとマイカラーによって還元率に違いはあるけど、ラインペイボーナスとして還元されるのが一般的です。

また、友達や家族などから送金してもらう場合も、送られてくるのはラインペイボーナスとなります。

そして、LINEアプリからウォレットタブを開き、LINE Pay残高を確認すると、還元等で受け取ったラインペイボーナスも合算されて表示されるんですよね。

たこ
たこ

やっかいなんは、このラインペイボーナス。これ、ラインペイカードでは使われへんのや…

冒頭でラインペイの「残高はあるのに」決済エラーとなり、利用できないほとんどの場合が、ラインペイカードを利用した際だと思うとお伝えしたのはまさにこれが理由なんです。

ラインペイカードを利用する場合は、あなたがチャージした金額しか利用できません。

もしあなたが、いま「残高はあるのに」決済エラーになるという場合は、チャージした金額が使う(購入する)際の金額を超えているか確認してみてください。

LINE Pay残高を細かく確認する方法

LINE Pay残高の詳細を確認する手順は以下の通り。

  1. ラインアプリからウォレットタブを開く
  2. 送金をタップする
  3. 誰でもいいので友達を選択して次へ

上記の3つの手順でLINE Pay残高の詳細が確認することができます。

LINE Pay残高確認

LINE Pay残高の確認手順図解

LINEアプリを開き「ウォレット(上記画像の①)」をタップし、「送金(上記画像の②)」をタップし、誰でもいいので友達を選んで次へをタップ。

ラインペイ残高確認手順

ラインペイ残高の確認②

上記画像の左の赤い□で囲ってある部分が、LINE Pay残高の内訳?詳細な残高になります。

私の場合だと、

  • チャージ:5,747円
  • LINE Payボーナス:458円

となっています。

さらに右側の□で囲ってある部分を見てもらうとわかりやすいのですが、残高6,205円となっていますよね?

これは「5,747円(チャージした金額)」と「458円(LINE Payボーナス)」の合算であることがわかりますね。コンビニやLINE Payが使えるお店でコード決済を利用する場合は、LINE Payボーナスも使えます。

しかし、ラインペイカードを利用する場合は、チャージした金額の残高(今回で言えば5,747円)しか利用することができません。

これを覚えておかないと、上記画像右側のLINE Payの残高を見て6,205円あるから、Amazonで6,000円の買い物をラインペイカードで支払いしてしまうなんてことが起きてしまいます。(経験談…。)

そうなるとこの記事の主題である「残高はあるのに」決済エラーになり、利用できないということになってしまうわけです。

たこ
たこ

控えめに言って、ややこしいわ!!

さらに言えば、LINEポイントもありますからね…。ほんとややこしい限りです。この辺りは別に記事を用意して解説しようと思うので、興味がある方は準備でき次第、こちらに乗せておくのでチェックしてみてください。

2019.11.2追記

LINE Payボーナス・LINEポイント・LINE Pay残高の違いやそれぞれできることを紹介する記事を追記しました。

スポンサーリンク

おまけ:AmazonでLINE Payの残高不足でエラーになったときの対処法

ここまでえらそうに、ラインペイの「残高はあるのに」決済エラーとなり利用できない原因について解説してきましたが、冒頭でお伝えしたとおり、わたしも経験者です。笑

私の場合はAmazonを利用した際に今回のケースに陥ったので、Amazonの場合の対処法をおまけとしてお伝えしますね。

まず、Amazonで決済エラーが起きた際に以下のようなメールが届きます。

Amazon 決済エラー

Amazonで決済エラーになった際のメール

まあびっくりするわけですが…。

当時の私が取った行動は、LINEアプリからウォレットタブを開き、残高を確認です。まさに今回の記事でお伝えしたことを理解していなかったのがわかりますねぇ…苦笑。

当然「残高あんねんけど!」となるわけでして…。

Amazonに問い合わせしました。

私はチャットで対応してもらったのですが、深夜だったにも関わらず丁寧に対応してもらえました。まあ状況を伝えても、クレジットカード会社に確認してくれと言われるので、ひとまず決済できなかった買い物を取り消してもらいました。

そして、あなたのように「ラインペイ 残高ある エラー」のような感じで検索して、解決です。

残高不足でした…ごめんなさい!笑

そんなわけでチャージしまして、改めて購入しました。通販サイトによっては一度決済エラーになるとその支払い方法が使えなくなる場合もあるようですが、Amazonの場合は問題なく、利用できました。

ちなみにLINE Payの場合は不足分を現金と併用することが基本的にはできません。ですので、不足分をチャージし直す必要があります。詳しく知りたい方は以下の記事を合わせてお読みください。

ラインペイボーナスの使用方法が変わる!

チャージ金、ラインペイボーナス、LINEポイントとただでさえ複雑な上に、チャージした金額とラインペイボーナスが合算されて表示されるということで、不満な方はかなり多いようです。笑

もちろん私も不満ですね。

本当に使いにくい。私のスマホはラインモバイルを利用しているので、ラインモバイルの支払いやAmazonなどの通販サイトでのクレジットカードとしてラインペイを利用していて、メインはペイペイを利用しています。

メインじゃないから、使う頻度も月に数回なのでより使いにくいと感じるのかもしれませんが…。かなり不満の声が届いたようで、2020年頃にはラインペイカードでも、LINEボーナスが使えるようになったり、使用変更が予定されています。

ラインペイボーナスがラインペイカードでも使えるようになれば、今回のような「残高がある」のに決済エラーになるということがなくなるかと思うので期待ですね。2020年には使えるようになると言われています。

まとめ

  • ラインペイの「残高はある」のに決済エラーになり利用できない原因は残高不足
  • ラインペイの残高は「チャージした金額」と「ラインペイボーナス」の合算
  • ラインペイカードではラインペイボーナスを利用できない

まとめるとこんな感じですね。

たこ
たこ

わしみたいにラインペイカードをメインでラインペイを使っている場合はしっかりと理解しておく必要があるぞ!

ラインペイボーナスはラインペイカードで利用できないものの、コード決済などでは普通に利用できるので、ラインペイカードを利用する際は、この記事で紹介した方法でLINE Pay残高の内訳を確認してから利用しましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラインペイ
たこをフォローする
なんかき

コメント