ジョニーケース×トフィックムサエフの勝敗予想!RIZIN20ライト級GP

スポンサーリンク

RIZIN ライト級GP2019年大晦日のRIZIN20で行われるライト級GP。

個人的に事実上の決勝戦と見ているカードが「ジョニーケースvsトフィックムサエフ」の好カード。

2019年年末のRIZINは12月29日のBellatorJapanに大晦日のRIZIN20となっていて、ここ数年のRIZIN史上、最も豪華な内容になっている。

そのため、日本人選手が初戦で全員敗退してしまったライト級GPは少し盛り上がりにかけてしまっている印象ではありますが、個人的にはライト級GPを制するのは誰なのか?見届けていきたい。

ということで!

この記事では2019年大晦日RIZIN20で開催されるライト級GPの「ジョニー・ケースvsトフィック・ムサエフ」の勝敗予想をしていければと思います。

たこ
たこ

正直、予想がめちゃくちゃ難しいよな…

【追記】

試合の感想を書いたので興味があれば以下の記事もお読みください!

▼BellatorJapan(12月29日)RIZIN20(2019年大晦日)全対戦カードまとめ▼

▼ベラトール対抗戦の対戦カード・日程・ルールまとめ▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

RIZINライト級GPを簡単に振り返る!

RIZIN ライト級GP

2019年大晦日のRIZIN20で予定されているライト級GPのカードは以下の通り。

  • ジョニーケースvsトフィックムサエフ
  • ルイス・グスタボvsパトリッキーピットブル・フレイ

上記の2つの対戦カードが予定されている。

この4人は全員がRIZINのライト級GPの一回戦を1R勝利で勝ち上がってきている。

ケースは一回戦でサトシに勝利し、ムサエフはダミアンブラウンに勝利。そしてグスタボは上迫選手に勝利し、ピットブルは川尻に勝利し勝ち進んできた。

こうやって見るとライト級の日本人選手が頼りない面は否めないが、勝ち上がった選手を含めるとRIZINのライト級選手はいい選手が揃っています。

ライト級GPの一回戦は正直、全て予想通りというか順当に強い選手が勝ち上がってきたというのが個人的な印象。

しいて言えば、ジョニーケースvsサトシソウザのカードだけは、予想が割れていた気もしますし、どちらが勝ってもおかしくないとカードだったと思いますが、まあ大方予想通りですよね。

▼BellatorJapan(12月29日)RIZIN20(2019年大晦日)全対戦カードまとめ▼

▼ベラトール対抗戦の対戦カード・日程・ルールまとめ▼

ジョニー・ケース

ジョニーケースと言えば元UFCファイター。

個人的にはRIZINに来る前から好きな選手のひとりで、RIZINに参戦し矢地祐介と北岡悟選手を倒し、ライト級GPに選出され、見事サトシに勝利した。

ケースのRIZIN初参戦で谷地選手と試合が決まった頃の榊原さんの発言を見ていると、ジョニーケースを過小評価していた気がしますが、かなりの実力者です。

RIZINでの3戦を全てTKO勝利して実力を証明していますね。

ジョニーケース選手は何でもできる選手ですけど、やっぱり打撃が強い。あとは豊富なキャリアも武器かなと。

スポンサーリンク

トフィック・ムサエフ

トフィック・ムサエフ選手はRIZINに来て私は知った選手なんですけど、ケースと同様にRIZINで全勝しライト級GPに選出されました。

普通に強い選手という印象。

特に前回のダミアンブラウン戦はかなりいい試合をしたと感じました。

また彼の戦績を調べると16勝3敗のようですが、2015年から無敗でここまで来ている選手。

2つ前の試合の、12月29日のベラトールジャパンでベラトール対抗戦に出場するダロン・クルックシャンク選手にこそ判定決着となっていますが、2015年からその試合を除いて全てKO・TKO勝利している。

決定力のある強い選手ですね。

ジョニーケースvsトフィックムサエフの勝敗予想

簡単に両選手を紹介してきましたが、本当に強い選手同士の対戦です。正直、どちらが勝ってもおかしくないとは思いますし、本当にわからないというのが本音なのですが…

やっぱりジョニーケース選手の勝利と予想します。

一回戦からのライト級GPに出場している全選手の中でジョニーケースが1番好きな選手という個人的な感情も多少入っている感は否めませんが、ジョニーケース選手のバリエーションが豊富という印象。

どんな展開になっても対応できるだけの経験があるなと。その差が勝負を分けるポイントになるのではないかと個人的には予想しています。

どちらも決定力のある選手なので本当に難しいんですけど、ここ数年の無敗記録をケースが崩すのではないかと。

総合的に見てジョニーケース選手のほうが強いのかなといん印象です。

事実上の決勝戦?

個人的には今回のカードの勝者がそのままライト級GPを制するんじゃないかと予想しています。

もう一方のトーナメントのグスタボとピットブルも強い選手ですが、ライト級GPの中で1つ飛び抜けているのがジョニーケースかサトシソウザだと個人的には感じていたので、サトシを倒し上がってきたケースが優勝するんじゃないかと。

まとめ

正直、予想というより願望に近い内容になってしまった感は否めないのですが本当にどちらが勝ってもおかしくない好カードだと思いますね。

2019年の大晦日RIZIN20では、まだ相手が決まっていない朝倉海選手や女子アトム級のタイトルマッチ、ベラトール対抗戦の元谷選手と朝倉未来選手の試合など内容が盛りだくさん。

ライト級GPは少し霞んでしまっている気はしますが、個人的には注目していきたい。そしてこのカードが盛り上げてくれることを楽しみにしています。

【追記】

試合の感想を書いたので興味があれば以下の記事もお読みください!

▼BellatorJapan(12月29日)RIZIN20(2019年大晦日)全対戦カードまとめ▼

▼ベラトール対抗戦の対戦カード・日程・ルールまとめ▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク
RIZIN
たこをフォローする
なんかき

コメント