ジェイビエール・シントロンの戦績は?井岡一翔との勝敗予想も!

スポンサーリンク

ジェイビエール・シントロン

日本人男子初の4階級制覇を成し遂げた井岡一翔が2019年大晦日にジェイビエール・シントロンとの初防衛戦に挑みますね!

同級1位のシントロンは強い選手なのでしょうか?

この記事ではシントロン選手の強さや戦績などを紹介し「井岡一翔×ジェイビエール・シントロン」のWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチの勝敗予想をしていきます!

▼同日開催されるWBO世界フライ級タイトルマッチ▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジェイビエール・シントロンの戦績は?

ジェイビエール・シントロンはプエルトリコ出身の24歳のボクサーで今回の井岡一翔との一戦が初の世界挑戦となる選手。

なので知名度は低いですが、かなりの実力者と言われています。

戦績は12戦11勝5KO1無効試合と無敗。

4階級制覇した井岡一翔の戦績と比べると見劣りしますが、シントロンはアマでのキャリアも豊富で200戦以上の戦績があるという噂。

ロンドンとリオの2大会連続の五輪出場を果たしており、ロンドンではベスト8、リオでは初戦敗退となったものの、2大会連続出場はプエルトリコ史上初の快挙。

さらにシントロンにとっては同郷の先輩王者にあたるエマヌエル・ロドリゲスを選手で実績は申し分ない。

ロドリゲスはまだ記憶に新しいWBSSの準決勝で井上尚弥選手に敗れたあのロドリゲスです。

私の記憶ではデビューまもなくかデビュー前からトップランク社と契約したはず。かなり将来を期待されている選手なのではないでしょうか。

直近の試合は5月と8月の江藤光喜戦。

5月はバッティングで無効試合となりましたが8月は2Rでダウンを奪い試合は10Rをフルで戦いましたがシントロンが勝利。

こちらが動画ですね。

ダメージ残る江藤選手を倒しきれなかったという点は少しパワー不足を感じますが”ボクシングが上手い”ですね。

他の試合動画もいくつか見ましたがスタイルはサウスポーですがスイッチも器用にこなしますし、クリンチワークもうまい技巧派ボクサーですね。

スポンサーリンク

井岡一翔vsジェイビエール・シントロンの勝敗予想

結論から言えば、井岡一翔選手の判定勝利だと予想します!

井岡一翔本人も話すとおり難しい試合にはなるかと思いますが、前回しっかりKO勝ちしチャンピオンになっている完全復活した井岡一翔の方が経験も含め有利かなと。

シントロン選手も2度の五輪出場にアマでのキャリアも豊富ですが、プロ24勝のうち15勝が世界戦という井岡一翔の方が圧倒的な数字。

井岡一翔選手がジャブで距離を詰めながらボディなどを狙っていけば勝つんじゃないかなと思いますね。

とは言え相手は無敗の選手。

油断はできないし簡単な試合ではないかと思います。

井岡一翔のガチ路線に好感

シントロン選手の戦績や井岡一翔選手との勝敗予想を追えたのでここからはただの雑談になるのですが…。

アローヨ、ニエテス、パクリテからの今回のシントロンと復帰してからの井岡一翔のガチ路線はとても好感を持てます。

人気絶頂期と比べると井岡一翔選手に注目する人も減った気はしますが、日本人男子初の4階級制覇を成し遂げたしもう少し話題になってもいい気もします。

ガチ路線に好感を持っているというのが個人的な感想ですが、今回のシントロンも実力者ではありますが知名度は低い。ライト層のファンからすれば、あんまり盛り上がらないと思うので仕方がないのかな。

今回のカードの前には田中恒成の試合もあるので楽しみですね!

まとめ

シントロン選手は五輪に2度出場しトップランク社と契約するというボクシングエリートで今後にかなり期待されている選手。

間違いなく実力者であり強い選手ですが、井岡一翔にどこまで通用するのか?

どうしても知名度が影響して地味なカードに見えますがいい試合になるんじゃないかと個人的には感じています!

▼同日開催されるWBO世界フライ級タイトルマッチ▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ボクシング
たこをフォローする
なんかき

コメント