ゴイチヤマウチの戦績は?ダロン・クルックシャンクとの勝敗予想!

スポンサーリンク

ダロン・クルックシャンク×ゴイチ・ヤマウチ

2019年12月29日と31日大晦日に開催されるRIZIN20では、ライト級GPも行われる中、ベラトール対抗戦でもライト級の試合が予定されています。

RIZIN×Bellatorのライト級対決のカードは「ダロン・クルックシャンク×ゴイチ・ヤマウチ」と発表された。

RIZIN側はライト級GPの影響で選出に苦労したように感じますね。

ゴイチヤマウチ選手は日系ブラジル人ということで、見た目的にはRIZIN代表にも見えますが、ベラトールの選手です。

ダロン・クルックシャンク選手は元UFCファイターでRIZINにも度々出場しているので、ご存じの方も多いでしょう。

ということで、主にゴイチ・ヤマウチ選手の戦績や年齢などを調べていって強いのか?という部分を紹介できればと思います。

最後に「ダロン・クルックシャンク×ゴイチ・ヤマウチ」の勝敗予想もしていければと思うので最後までお読みいただけると幸いです!

▼ベラトール対抗戦の日程・ルール・対戦カードまとめ▼

▼Bellator Japan(12月29日)RIZIN20(2019年大晦日)全対戦カードと視聴方法まとめ▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダロン・クルックシャンク×ゴイチ・ヤマウチの日程とルール

こちらの記事で、RIZIN20で2日間かけて開催されるベラトール対抗戦の日程や対戦カードやルールなどをまとめていますが、一応紹介しておきますね。

「ダロン・クルックシャンク×ゴイチ・ヤマウチ」のベラトール対抗戦・ライト級の試合は2019年12月29日に行われます。

ルールは、ケージでユニファイドルールが採用されており、全米で生中継が予定されています。

RIZINで見慣れたリングではなく、ベラトールのケージで行われます。ちなみに12月29日に試合が予定されている全てがケージでユニファイドルールが採用されています。

その他の試合(例えば矢地×上迫)などはケージでRIZIN MMAルールが採用されるようです。

詳しく把握しておきたい方は以下の記事を合わせてお読みください。

ゴイチ・ヤマウチの戦績や年齢は?

私はゴイチ・ヤマウチ選手を知らなかったのですが調べてみると…

戦績は28戦24勝4敗。

生年月日は1993年1月5日で年齢は現在26歳。

ゴイチ・ヤマウチ選手の戦績をもう少し詳しく見ていくと28戦のうち、ベラトールでの戦績は13戦10勝3敗となっているようです。

ベラトールと契約するまでは1回しか敗北していなかったようなので、ベラトールと契約して少し苦労もしているのでしょう。

ゴイチ・ヤマウチは強い?ファイトスタイルは?

戦績だけ見れば、負けていない選手ではないですが24勝のうち20勝が完全決着と決定力の高さが伺える。

そして敗北した4つの試合は全て判定で破れていることから、強い選手の印象を受けましたね。

またKOは1勝で19勝がサブミッション。

ベラトール対抗戦のベラトールの選手はグラップラーが多いですね。

ベラトールでも2番目にメインの試合に組んでもらえる選手のようで、ベラトールの期待の選手のひとりなのかもしれません。

現在2連勝中で、その前は敗北していますがこの時の対戦相手は元ベラトールライト級王者のマイケル・チャンドラーでした。

最終ラウンド闘い抜いて判定は3−0で負けているので、内容は一方的な試合だったのかもしれませんが、倒されなかったという点や、強い相手とも経験があるのもわかります。

Goiti yamauchiでYoutubeで検索すると古い動画やインタビュー動画などがたくさん出てきはしますが、彼の試合を私はまだ見れていないので、どれくらい強い選手かは戦績などからの考察しかできません。

いち格闘技ファンの戦績などからの考察でしかないので、あてにはならないかもしれませんが、戦績を見る限り強い選手だという印象を個人的には受けました。

スポンサーリンク

ゴイチ・ヤマウチは日本での試合を夢見ていた?

ゴイチ・ヤマウチ選手は実は日本で生まれたそう。

彼のおじいちゃんがブラジルに渡りブラジル人の女性と結婚し、その娘(ゴイチ・ヤマウチの母親)が日本で暮らしていたことがあり、日本で生まれたそうです。

4歳の頃にブラジルに渡っていますが、彼にとっては日本は第二の故郷のようなものなのでしょう。

過去のインタビューでも日本は特別だと言っており、日本で試合することが夢だと言っていた記事をみたので、ベラトール対抗戦で来日するベラトールの選手の中でも、最もこの試合に賭けている選手かもしれません。

ダロン・クルックシャンクの戦績

ダロン・クルックシャンク選手はRIZINでもお馴染みの選手なので簡単に紹介しますと戦績は33戦22勝11敗。

負けも多い選手ですが、元UFCファイターであり強敵と戦ってきています。昨年の大晦日のRIZIN16で現在ライト級GPに出場中のトフィック・ムサエフ選手との試合が印象的ですね。

実に一年ぶりの大晦日という大きな舞台で彼がベラトール対抗戦に選出されました。

ダロン・クルックシャンクもいい選手ですがRIZINでも4敗しており、谷地選手や北岡選手にも破れているので、それこそ谷地選手でも良かった気はします。

谷地選手も連敗中ですし、上迫選手もライト級GPでグスタボに負けているので、日本人対決の方が数字が取れると考えてそちらをぶつけたのでしょうか。

正直、ライト級GPも開催されていることもあって、ベラトール対抗戦のライト級のこの試合の選出はかなり苦労しているという印象ですね。

ダロン・クルックシャンク×ゴイチ・ヤマウチの勝敗を予想

結論から言えば、ゴイチ・ヤマウチ選手の勝利と予想します。

ゴイチ・ヤマウチ選手については戦績などからの考察でしかないので実力はわかっていないので予想は難しかったのですがヤマウチ選手が勝つような気がしますね。

クルックシャンクはRIZINで負けてもいますが、勝利している試合は全てKO勝利なので、一度もKO負けしたことのないゴイチ・ヤマウチを初めて倒すなんて展開も十分ありえますが、難しいのかなと。

正直、私も見てみないとわからないのですが、この試合で興味があるのはベラトールのゴイチ・ヤマウチ選手ですね。

気持ち的にはもちろんRIZIN側のダロン・クルックシャンク選手に勝ってほしいですけど。

ベラトールの選手の試合を見るには?

ベラトール対抗戦を機にこれからベラトールとRIZINがいい関係になって、今後、堀口恭司選手やRENA選手以外のRIZINの選手もベラトールで試合する可能性も出てくると思うと榊原さんは言ってましたね。

全てはRIZIN20で盛り上がるか否かだとは思いますが。UFCに次ぐアメリカのメジャー団体・ベラトールに興味を持った人も多いのではないでしょうか。

ベラトールの試合はDAZNで配信されていて、無料お試し期間も1ヶ月もあるので予習を兼ねて登録してみると、RIZIN20のベラトール対抗戦がより楽しくなるかもしれませんよ!

DAZN(ダゾーン)無料登録

まとめ

まとめ
  • RIZIN20「ダロン・クルックシャンク×ゴイチ・ヤマウチ」は12月29日
  • ルールはケージ・ユニファイドルール
  • ゴイチ・ヤマウチ選手はおそらく強いグラップラー

といった感じでしょうか。

この他にもRIZIN20については色々記事にしていくので興味があれば以下から合わせてお読みくださいね!

▼Bellator Japan(12月29日)RIZIN20(2019年大晦日)全対戦カードと視聴方法まとめ▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク
RIZIN
たこをフォローする
なんかき

コメント