朴光哲は弱い?戦績などから朝倉未来との勝敗予想!【RIZIN22】

スポンサーリンク

朴光哲 朝倉未来

以前から4月に行われるRIZIN22(横浜大会)に出場すると言っていた朝倉未来選手の対戦相手が、先日のRIZIN21ラストの茶番により朴光哲(ぼくこうてつ)選手に決まりましたね。

個人的には朴光哲選手は嫌いじゃないですけど、「朝倉未来vs朴光哲」には全く興味のわかないカード。

とは言えもう決定していますし、朴光哲選手は強いのか?弱いのか?などを紹介しつつ、戦績などから勝敗を予想したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝倉未来vs朴光哲について

もはや説明は不要だとは思いますが、「朝倉未来vs朴光哲」のRIZIN茶番劇をさらっと紹介しておきますね。

流れとしてはRIZIN21で朝倉未来選手がダニエルサラス選手に勝利し、勝利マイク中に突如、朴光哲がリングに上がり、朝倉未来を挑発して榊原さんが決定。

こんな感じで試合が決定しました。

昔は、こんな感じで試合が決まって盛り上がるなんてのもありましたし、こういった演出は嫌いではないです。ないですけど…というところですね。

で、まあこれは間違いなく予め用意されていたシナリオでしょう。

ONEとの契約も終わった朴光哲の引退ステージを用意したといった感じでしょうか。

一応、「朝倉未来vs矢地祐介」で「クレイジービーの奴らは負けてばかり」という煽りもありましたし因縁対決に持っていけますから。

最後の朴光哲選手の「しっかりと練習しとけよクソガキ(朝倉未来)」という発言も、煽るように言われていたのだと考えるのが妥当。

このRIZINの茶番をリアルタイムで見ていた限り、榊原さんたちRIZIN側と朴光哲選手で決まっていたけど朝倉未来選手には知らされておらず本当に驚いていたように見えたのですが…。

アンチ代表のツイートを見ると…

朝倉未来選手も知っていたと思われますね。

アンチ代表・朝倉誠さんは朝倉兄弟のお父さんですw

ということで一応説明しておくと予め用意されていたRIZINの茶番劇でしょう。

スポンサーリンク

朴光哲(ぼくこうてつ)は強い?弱い?

私の中での朴光哲(ぼくこうてつ)選手は、やはり昔は強かった過去の人という感じです。

ましてや現在三連敗中の42歳の選手なので、普通なら今の朝倉未来選手と戦える選手ではない。

ただ、昔は日本人では強かったですし、ONE初参戦でライト級王者になってますからその実績を称え、引退場所を用意してあげたといったところでしょうか。

朴光哲選手の戦績はこのあと紹介しますけど、26勝のうち13(T)KO勝利で1本勝ちは1回。

朝倉未来選手は腰が強くテイクダウンを許さないので、試合は打撃戦になることが多く、バリバリのグラップラーとやるとどうなるのか?と常に言われていますけど、朴光哲選手のファイトスタイル的にもまず打撃戦になるでしょう。

そう考えると、朝倉未来選手からすれば朴光哲選手を驚異に感じることはなく弱い選手というかイージーゲームと感じているのではないでしょうか。

朴光哲(ぼくこうてつ)の戦績

朴光哲選手の戦績は

42戦26勝14敗2分。

現在3連敗中で最後に勝利したのは2017年8月。そこから17年12月、19年1月、19年8月で三連敗からの朝倉未来戦になります。

ただ、修斗こそ世界王者に届かず環太平洋王座止まりだったものの、ONE初参戦でライト級王者になり、当時は日本人では強い選手でした。

それがもう8年前とかになるのかな?

その翌年に青木真也に一方的な展開で破れ王座陥落しましたけど、この当時の朴光哲選手が相手なら、どちらが勝つか予想も割れていてもおかしくはなかったかもしれませんね。

これまでライト級時代の朴光哲選手の話が多くなってしまいましたが2015年くらいからフェザー級でやってますから階級的な問題はないでしょう。

修斗やHERO’S、ONEと渡り歩いてきた朴光哲選手の最後を締めくくる舞台がRIZINと、前回、金原正徳選手も破れ引退を発表しましたし、世代交代なのでしょうか。

朝倉未来vs朴光哲の勝敗予想

ここまで読んでいただけたのであれば勝敗予想なんて成り立っていないわけですがw

朝倉未来選手のKO勝利を予想します。

現在3連敗中の朴光哲選手は3連敗すべてが1RKO負けなので、1Rで倒してほしいとは思いますが、2Rもしくは3Rまでもつれ込む可能性はありますけど、朝倉未来選手がKOするんじゃないでしょうか。

朝倉未来選手が最初から倒しに行くのであればもう少し早いかもしれませんが、朴光哲選手がどれだけもつか?

そういう試合になるかと思います。

朝倉未来の対戦相手について

個人的にはダニエルサラスからの朴光哲と、全く盛り上がらないカードが続いていて、昨年末のジョンマカパ選手は強かったですし、連続参戦ということでダニエルサラス選手はいいとしても、

RIZIN22(横浜大会)ではもう少しいいカードが組まれると勝手に期待していただけに残念というのが素直な感想。

アンチに会ってきた動画だったかな?で、大人の事情でできないと言ってましたけど、パンクラスのISAO選手とか、ファイトマネーとかで断らない印象なんですけどね。

DEEPのドミネーターは海外に向けて動いているっぽいので断るかもですが。ファイトマネー問題ではないと思うので相手がビビって受けないのか?

素人の考えでは国内でもいい選手と組める気はするんですけどねぇ…。

朝倉未来選手は強い選手ともやると思うんですけどね。

こんな感じの対戦相手が続くのであれば年二回出場でいいのでもう少し盛り上がるカードを組んでほしいと個人的には感じます。

スポンサーリンク

フェザー級GPについて

朴光哲選手の紹介と勝敗予想から話が脱線しまくってますけど、思い出したのでw

RIZINのフェザー級GPが噂されていて、現に榊原さんも言及してたので、個人的には4月のRIZIN22(横浜大会)くらいから始まるのかな?と思ってたんですけど、少し前の榊原さんの発言によると時期尚早的な話をしてましたね。

ケラモフとかも来ましたしもう少し選手が集まってからといったところなのでしょうか。

まとめ

朴光哲(ぼくこうてつ)選手は昔は強かったけど、今は…。

というところですね。

今の朝倉未来選手からすると何の驚異も感じない相手でしょう。問題なく勝つと思いますね。

4月は弟の海選手も出場予定ですし、相手はまだわからないですけど、RIZIN22のメインは朝倉未来選手ではない気がしますね。

恐らくマネル・ケイプ×扇久保とかもあるはずなので、そちらがメインになるのかな?と個人的には予想しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
RIZIN
たこをフォローする
なんかき

コメント