朝倉海×マネル・ケイプ(2019年大晦日)勝敗予想!

スポンサーリンク

朝倉海 マネル・ケイプ 大晦日

2019年大晦日のRIZIN20で堀口戦が流れた朝倉海選手の対戦相手がマネル・ケイプに決定したということが公式に発表された。

https://twitter.com/rizin_PR/status/1202093691890028545?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1202093691890028545&ref_url=https%3A%2F%2Fnankaki.com%2Frizin20-omisoka2019%2F

さらにこの試合は堀口恭司選手が返上したRIZINバンタム級のベルトを賭けたタイトルマッチとなるようで…

対戦相手がマネル・ケイプであることに関しては多くのファンの予想通りで問題がないというか今回は仕方がないと思いますが、タイトルマッチということに関しては疑問を持つファンも多いようだ。

私もその一人。

朝倉海×マネル・ケイプの2019年大晦日の勝敗予想とこの対戦カードに思うことを書いていこうと思います。

【追記】

試合の感想を書いたので興味があれば以下の記事もお読みください!

▼BELLATOR JAPAN・RIZIN20全対戦カードまとめ▼

▼ベラトール対抗戦・対戦カード・ルールまとめ▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝倉海の大晦日(2019年)の対戦相手がマネル・ケイプに決定!

以前、この記事で紹介したように、堀口恭司選手との試合が流れてしまったのでファンの間で朝倉海の大晦日の対戦相手の予想が盛り上がっていた。

そんな中、12月4日のインスタライブで行われたRIZINの会見の数日前に。煽りV撮影のためにタイへ飛ぶという情報が出てきたので、対戦相手はほぼマネル・ケイプだろうと予想はついていました。

なので、このカードが発表されたときに驚いたことは何もなかったし、個人的な意見を言えば、堀口恭司選手が怪我をしてしまったので急遽相手を準備するのは苦労しますから納得していました。

正直、大晦日にやるほどのカードではないと思いますが、仕方がないかなと言う感じで。

なのでケイプと戦うこと自体は渋々納得していましたが、タイトルマッチとなると、ケイプにその資格があるのかは疑問。

先に言っておきますが、私自身はケイプは好きな選手ですし、インスタライブでのケイプの暴れっぷりもうるせーと思いながらも楽しかったです。

ケイプ自身も伊藤選手と水垣選手に勝利してレベルアップしているのも理解していますし、何より強い選手だとは思います。

していますが、事実として朝倉海に敗れているだけでなく、朝倉海選手が倒した佐々木憂流迦選手、堀口恭司選手にも敗れている。

まあ、堀口恭司選手には朝倉海以外みんな負けているので仕方がないとしても、佐々木憂流迦選手に負けているのは大きい。

タイトルマッチに挑戦するならせめてバンタム級四天王ひとりくらい倒してからにしてほしいと感じてしまう。

個人的にはマネル・ケイプはまだタイトルマッチに挑戦する位置に居ない選手だと思いますが、堀口恭司戦が流れ下がったモチベを上げるためにも、タイトルマッチにする必要があったのかもしれませんね。

RIZIN側としても、朝倉海がケイプをぶっ倒して黙らせて、同じく大晦日RIZIN20で行われる石渡×扇久保の勝者との試合が本命だと考えているのでしょう。

そうなれば来春も朝倉海でRIZINはやっていけますから。

1DAYバンタム級暫定王者決定トーナメントも検討されていた?

堀口恭司戦が流れてからファンの間で1番噂になっていたというか盛り上がっていたのが一夜にして暫定王者を決めるトーナメントをやるということ。

対戦カードは全く同じで、「朝倉海×マネル・ケイプ」と「石渡伸太郎×扇久保博正」の勝者は1夜で2試合するというもの。

個人的には昔の格闘技を彷彿とさせて懐かしい気持ちになりますし、そちらのほうが面白かったように思います。

ただ、榊原さんは検討はしていたと明かしたものの、タイトルマッチはお互いが万全な状態で行われるべきだという考えがあり、実現はしませんでした。

ただしっかりとファンの声も聞いてくれているという点は嬉しいですよね。

スポンサーリンク

朝倉海×マネル・ケイプ(大晦日2019)の勝敗予想

まあ普通に朝倉海が勝利と予想します。

前回のケイプとの試合の内容は完勝といえる内容ではありませんでしたが、今の朝倉海は別人じゃないかと思うほどの急成長を遂げています。

ここ最近の試合を見ると1Rで終わらせることも全然ありえると思います。

もちろんケイプもなんでもできる選手で間違いなく当時よりレベルアップしていると思いますし強い選手です。

ですが朝倉海の成長スピードが異常なんですよね。

普通に実力差があると感じます。

ケイプはキャラクター的にも結果的に12月4日の会見も盛り上がってたし、全員挑発したり、自分のために用意されたタイトルマッチだとか言って煽ったり盛り上げてくれましたし、普通に好きです。

「会場で俺(ケイプ)と友達になりたがって、(朝倉海が)話しかけてくる」と言っていたところなんて声出して笑いましたし、多分普通にいいやつだと思うんですよね。

ただ、タイトルマッチに挑戦できる位置に現時点ではいないと思うし、朝倉海選手のほうが普通に強いというのが私の見解です。

朝倉海は”勝ち方”にも注目される?

正直、朝倉海選手の勝利というのは私だけでなく大半の格闘技ファンの意見でしょう。言わば勝って当たり前。

少し前の堀口恭司選手と同じ立場になったということです。

しかも、堀口恭司、佐々木憂流迦を1Rで勝利し乗りに乗っている朝倉海選手ですから、ケイプ相手にまたしょっぱい試合をしたら、堀口恭司選手との再戦の評価に影響するでしょう。

私も堀口恭司選手を倒したのはまぐれだと思っていませんし、その後、佐々木憂流迦選手の顎を砕き証明しましたが、ケイプに苦戦すると、またまぐれ説が浮上する可能性もある。

そして何より、インスタライブで暴れていたケイプにフラストレーションが溜まっているバンタム級選手や一部ファンのためにも圧勝しないといけない試合です。

本当にあのケイプを黙らせるような試合を期待したい。

まとめ

とりあえずは2019年大晦日にバンタム級の新王者が誕生することに決まったので、堀口恭司なき今、ふさわしいのは朝倉海選手だけだと思うので、しっかりと勝ってベルトを巻いてほしい。

それにしても大晦日の追加カードがたくさん出て、基本的にどれもいいカードだと思うのですがなんか地味ですよね。

本当に追加で発表されたカードの中に朝倉海と堀口恭司のバンタム級タイトルマッチがあるだけでも全然違った。

そういった意味では改めて堀口恭司選手のこれまでのRIZINでの功績や存在は大きいんですよね。怪我なので仕方がないですが、今回は時間がかかりそうなので、戻ってくるまでバンタム級は朝倉海選手に託したい。

そのためにも2019年大晦日、一番盛り上がる試合を期待したい。

【追記】

試合の感想を書いたので興味があれば以下の記事もお読みください!

▼BELLATOR JAPAN・RIZIN20全対戦カードまとめ▼

▼ベラトール対抗戦・対戦カード・ルールまとめ▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク
RIZIN
たこをフォローする
なんかき

コメント