アダム・ブアフフは強い?戦績などから武尊との勝敗予想!誰やねん…

スポンサーリンク

アダム・ブアフフ 武尊

昨年、江川優生選手とのエキシビジョンマッチ後のマイクで2020年3月22日に開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K’FESTA.3~」に参加することを発表した武尊選手。

その対戦相手がアダム・ブアフフという選手に決まりましたね。

ぶっちゃけ、、、

アダムブアフフ誰やねん…!

と思った人がほとんどなのではないでしょうか。

この記事ではアダムブアフフ選手は強いのか?などを紹介し、戦績などから「武尊vsアダム・ブアフフ」勝敗予想をしていきます。

また、この対戦カードに思うことがあるので、それも話していければと思うので最後までお読みくださいね!

【追記】

アダムブアフフ選手がコロナの影響で来日できず、武尊選手とのタブルタイトルマッチは中止となり、武尊選手の対戦相手が変更になりました。

以下で強さや戦績、勝敗予想しているので興味があればお読みください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アダム・ブアフフは強い?

私はK-1をそこまで追いかけているわけではないですが、よくわからない外国人選手を連れてきて、やたらと「強敵」アピールしてK-1の人気どころの選手が倒すみたいなイメージがあるのですが…

正直、アダム・ブアフフ選手はまさにそれかと感じたのが素直な印象ですね。対戦カードについては不満しかないですが、それは後で話すとして、まずはアダム・ブアフフ選手は強いのか?

見ていきたいと思います。

と言っても、そもそもアダム・ブアフフ選手についての情報がかなり少ないのですが…

現在29歳のモロッコ出身のファイターで身長は171cmのオーソドックスな選手のようです。

これだけだと判断できないので、戦績や獲得タイトル、過去の試合動画を見ていきましょう。

アダム・ブアフフの戦績と獲得タイトル

アダム・ブアフフの戦績は

15戦15勝9KO

とパーフェクトレコード。

まあ戦績は素晴らしいですね。

さらにISKAオリエンタルルールのタイトルを獲得しているということで「メジャータイトルを獲得している無敗の挑戦者!」みたいな部分をK-1側はアピールして、強敵感を出してくるのでしょう。

確かに戦績もパーフェクトですしメジャータイトルも獲得しているので、強そうではあります。

ありますが、個人的にはそもそもISKAって大したことない印象なんですよね。皇治選手でも持ってるタイトルですし。

そもそもキックのタイトル承認団体って全く機能していない印象で、ライト級は現在も皇治選手が王者のまま。

ちょっと簡単に調べただけなので間違っているかもしれませんが、アダムブアフフ選手が獲得してから3年8ヶ月くらいとかなのかな?その間、防衛戦は1回もなし。

防衛しなくても保持できるタイトルの価値ですよね。運転免許証でも更新する必要があるわけで。

K-1公式のアダム・ブアフフ選手のプロフィールによると獲得タイトルにWKU王者とあります。

このWKUというのはヘッドギアありの試合も含まれているようで、無敗の戦績の数字だけ見ると、素晴らしいの一言に付きますが、ヘッドギアありの試合も含まれている可能性が高い。

アダム・ブアフフの戦歴
  • Jonathan Nguyen(タックルあり)
  • Jalal Cherkaoui(ギアあり)
  • Hicham Zerhoni(ギアあり)
  • Tarik Nebdali(ギアあり)
  • Gala Taekwondo(ギアあり)

ざっと調べても上記のような戦歴。

戦績は確かに素晴らしいけど、戦歴が…。

申し訳ないですが…

正直、素晴らしい戦績にISKAのタイトル獲得の実績があると言われても、「アダム・ブアフフ誰やねん」というのと髪型どうなってんの?という印象が消えない。

スポンサーリンク

アダム・ブアフフの過去の試合動画

さて、ここまで素晴らしい戦績や獲得タイトルを見ても、アダム・ブアフフ選手の評価が私の中ではあがらなかったわけですが…

とは言えね。

試合を見てみないと!ということで過去の試合動画を探しました。

相手もよく知らないですしいつ行われた試合かもよくわかりませんが、Youtubeにアップされているのが2018年の7月なのでそのくらいの試合だと思われます。

正直、酷くないですか…?

少し前の試合ということで、ここからレベルアップしているものだとは予想できますが、それを加味しても武尊選手の相手にはならない気がしますね。

武尊vsアダム・ブアフフの勝敗予想

まあここまで読んでいただいたなら結論はおわかりだと思いますが、武尊選手のKO勝利でしょうね。

噛ませ犬感が半端ない…。

アダム・ブアフフ選手は恐らくヘッドギアありだったり、タックルありだったり総合混じりの団体との対戦だったりで勝利を重ねてきているものだと思われる。

K-1ルールでどこまでできるのかも不明ですし、武尊選手が負ける展開は全く想像できない。

クレスト判定とか色々言われていますが、そんなのも必要がない。それくらいレベル差のある格差マッチだと思います。

スポンサーリンク

武尊vsアダム・ブアフフの対戦カードについて

昨年、武尊が江川選手とのエキシ後のマイクで今回の「K’FESTA.3」への参戦を表明した。

私は、K-1をそこまで追いかけているわけではないので詳しくはないですが、3回目の開催となる「K’FESTA」って新生K-1の中でも大きな大会なのではないのでしょうか。

1年で1番大きな大会と記憶しているのですが…。

そんな大事な大会でK-1の顔である武尊選手の対戦相手が無名のよくわからない外国人選手。

大丈夫なのか…。

メジャータイトル獲得に無敗の戦績とどれだけアピールしてもネット社会においてもうファンを騙すのは限界な気がしますが…。

武尊 アダム・ブアフフ

このカードのキャッチコピーは

二つの至宝が、初めて交わる。

史上初の伝説が生まれる。

ですよ?

K-1は笑いがとれる格闘技団体でも目指しているのでしょうか…。

ISKAだかWKUだかのタイトルが賭けられたダブルタイトルマッチということですが、そんなタイトルをいまさら武尊選手が獲得しても、なんの評価もあがらないと思います。

ましてや天心選手にどんどん差をつけられている現状で…。

さすがに流れ的にはペタスとやるのかなと勝手に思っていましたよ。

もう「天心vs武尊」を見たいとも思わないですし、望む人もどんどん減っているとは思いますが、こんな試合の先に「天心vs武尊」の試合があるとは到底思えない。

そろそろ本気でファンは怒るんじゃないかな…と思うほど酷い対戦カードですね。

武尊やK-1が批判されるのは理由がある

私自身は武尊選手は好きな選手ですしアンチではないですが、対戦相手がアダム・ブアフフという無名の「誰やねん」な選手と決まり、武尊選手やK-1は批判されているようですね。

正直、仕方がない。

誰が1年で1番大きな大会のメインのカードがこれでK-1の未来を期待するのでしょうか。批判されて当然だと思いますね。

武尊選手はK-1が立ち技世界最強だと証明したいみたいなことを言ってますが、もう天心戦の実現に向けて動かなくていいので、K-1の連れてくる無名外国人選手とか、マッチメイクをどうにかするように動いてほしいですね。

こんなマッチメイクばかりしていたら、武尊もK-1も批判されて当然ですし、まさに批判される理由はそこだと思います。

まとめ

アダム・ブアフフ誰やねん…

二つの至宝が、初めて交わる。

史上初の伝説が生まれる。

2020年3月22日に開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K’FESTA.3~」を見逃すな!笑

【追記】

アダムブアフフ選手がコロナの影響で来日できず、武尊選手とのタブルタイトルマッチは中止となり、武尊選手の対戦相手が変更になりました。

以下で強さや戦績、勝敗予想しているので興味があればお読みください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
K-1
たこをフォローする
なんかき

コメント